ブログ記事の書き方

教室の先生が生徒さんに伝わるメッセージを書く時大切にしたいこと

私も含めて、教室を始めて数ヶ月・数年経つと忘れてしまうことがあるな~と感じます。

 
それは

『生徒さん視点(お客さま視点)』
 
です。

 

生徒さん視点は忘れないことが大切

ご覧いただきありがとうございます^^

ベビー系・親子教室・キッズ教室の先生のための起業サポート純子です。

 
教室の先生が生徒さんに伝わるメッセージを書く時大切にしたいことについてお話していきますね。

 
教室を始めてその業界に浸ってしまうと

ついつい、『生徒さん視点』を忘れて

『業界用語』や『専門用語』

説明してしまう先生も多いです。

 

例えばこんな場合

 
例えば、

『ベビマ』というフレーズ。

今でこそ

『ベビーマッサージ=ベビマ』
は、広まってきているのかな・・?という気もするのですが、

 
私が、ベビーマッサージ教室を始めた頃は

『ベビマ』という言葉は、それほど広まっていませんでした^^;

 
なので、ご参加くださったママたちに

『ベビマはですね・・・』
とお伝えしても

ママたちの頭の中では『?????』が、グルグルと。。

表情がから伝わってきたほどたったんです^^;

 
他にも

『仙骨』とか『胸腺』とか^^

一度、

普段使っている「業界用語」や「専門用語」を頭の中から抜き出してみて。。

 
「小学5年生」や「60歳~70歳」の方にもわかりやすく伝わるにはどうしたらいいかkな・・・って。

 
その言葉を崩してみると良いですよ。

 
言葉だけじゃなく、

写真だったり実際にその場所示してあげても良いですね。

 
 
 
普段、何気なく使っている言葉は

もしかしたら「専門用語」「業界用語」として

生徒さんに伝わりにくくなっているかもしれません。

 
レッスン中に説明する時も

ブログを書く時も

HPを整える時も

『生徒さん視点(お客さま視点)』

忘れずに

「わかりやすさ」
を大切にしていくことで、

あなたが伝えたいメッセージは、生徒さん(お客さま)の気持ちの寄り添い

伝わるメッセージへとなるのだと思いますよ。

 
 
無料メールレッスンでお教室の軸を作ろう

ベビー系・親子教室・キッズ教室の軸を作る「ワーク」
「ブログの書き方PDF」を無料プレゼントしています。
ワークを提出された先生には、無料でフィードバック中(期間限定)
ベビーマッサージ教の集客と運営のサポート

error: Content is protected !!