Web集客

インスタグラム集客方法に疲れる理由と解決方法

インスタグラム集客方法に疲れた

 
『インスタグラム発信の手を止めてしまうと、集客できなくなりそうで・・・』と、先日体験セッションを受けられた先生が話されていました。

よくよくお話を伺ってみると、毎日、Instagram(インスタグラム)を発信していて、そこそこお申し込みはいただけるとのこと。

でも、『これを何年も続けられる自信はないですし、発信ペースを落としたときはお申し込みが減ってきて』

とも悩まれていました。

『インスタグラム集客』という言葉があるほど、特に女性の個人事業主はインスタグラムで集客している方も多いですね。

毎日、発信することが得意・好きという方は、自然と発信できてしまうので不思議に思われるかもしれませんが。

その一方で、「毎日、インスタグラムに投稿することに疲れてしまって・・・」と悩まれる方も多いです。

女性は、お仕事だけではなく、家事・育児・学校関係の委員役員・介護・・などなど。

ある意味、1人でいろいろな職業を抱えている状態ですよね。

そして、子どもが成長していく段階の中で、どうしてもインスタグラムを毎日発信できない時期というものも、やってきます。

そして、「今日、インスタグラム更新できなかった・・・」と落ち込んでしまう。

今回は、そんな悩みが出てくる理由と解決方法について書いてみますね。

 
junko
junko
ご覧いただだきありがとうございます。

自宅教室・おうちサロンのWeb集客・運営アドバイザー純子です。
 

インスタグラムだけでお申込みをいただこうとしている

インスタグラムは、「SNS」のツールの中の1つです。

SNSとは、そもそも「コミュニケーションツール」ですよね。
ですので、人と人との繋がりを持ったり、自分の存在を知っていただく場所なんです。

インスタグラムは、「初めまして」の方との出会いも多く、そこからお仕事の幅が広がったり人脈が広がることもあります。

ここで意識して欲しいのは、インスタグラムは「初めまして」の方と出会う機会が多いってこと。

つまりどういうことかというと。

 
「初めまして」の方に向けて、あなたの教室やサロンのサービスや商品説明をインスタグラムで紹介して、すぐにお申込みをいただこうとしていませんか?
 
例えば、子どもの幼稚園や学校で始めて出会った保護者の方に「私、〇〇という教室開いていて、こんなレッスンをしていて。こんなサービスがあるんです。一度、参加されませんか?ぜひ、申し込んでください!」(極端ですが。汗)なんて、言わないと思うんですね。

それなのに、なぜかインスタグラムでは、それをやってしまっている方をよく見かけます。

中には、「インスタグラムのDMからお申込みいただくことあります」と言われる先生もいらっしゃるのですが、その方も申し込まれるまでに時間がかかったかもしれません。

 
それに、毎回毎回、インスタグラムからお申込みをいただくということは、インスタグラムをこまめに発信する必要があります。

 
『何十年もインスタグラムだけで集客を続けられますか?』と聞かれた時、あなたはどう答えますか?

 
『インスタグラムに疲れてきて・・。』とか『インスタグラム発信の手を止めると集客できなくなりそうで怖くて・・・』という気持ちは、インスタグラム経由でお申込みをいただこうとしているからこそ、沸き起こってくる感情なんですね。

 

インスタグラムはお申込みをいただく場所じゃなくて知っていただく場所

まず、『インスタグラムからお申込みをいただく』という意識は、一度リセットしちゃいましょう。

そして、『集客=お申込み』と思っていたら、それもリセットしちゃってください。

『集客とは、お客さまを集める』って書きますよね。

つまり、『インスタグラム集客』とは、あなたのお教室やサロンの存在を知っていただいてお客さまを集めることなんです。

これを『認知活動』と言います。

 

知っていただいた(認知活動)その先の導線

インスタグラムで、お客さまを集めたら、そこで終わりではありません。

今度は、「集めたその先」がとても重要になってきます。

インスタグラムで、あなたの教室やサロンに興味を持っていただいたら、今度はブログやHPに誘導してさらに知っていただいたり。

またさらに、メルマガやLINE公式に登録していただいて信頼関係を築いていくことが大切なんですね。

インスタグラムは、お教室やサロンを知っていただくための入り口であって、メルマガやLINE公式に登録していただくために活用していくんです。

メルマガやLINE公式に登録していただくことを『見込み客を集める』と言います。

ここの見込み客の数が、今あなたの教室やサロンに興味を持ってくださっている方なんですね。

ですので、フォロワー数やいいね!の数が気になって疲れてしまう・・という方は、そもそもインスタグラムを使う目的が、ずれてしまっているんです。

 

集客の導線がわかればインスタグラム集客疲れもなくなります

お教室は、インスタグラムからお申込みにつながることもありますが、100%ではありません。

『お申込みをいただくまでには時間がかかる』というのを意識しておくと良いかなと思います。

私がベビーマッサージ教室を開いていた時、『妊娠中にこちらの教室を知って、赤ちゃんが産まれたら絶対行くって決めてました!』と、参加されたママに言われたことがあります。

例えとしては極端かも知れませんが、このように時間はかかりますし、その方がお申込みするタイミングがあるという事も知っておいてくださいね^^

『時間がかかる』事を知っておくことで、『インスタグラムを発信してもお申し込みがない』と悩む必要性は、全くないということに気づけるかなと思います。

 
Instagram(インスタグラム)


ブログ・HP

▼ 
メルマガ・LINE公式

 
 
インスタグラムからの集客導線の基本は、こんな流れになっています。

 
お客さまの行動の流れによって、順番が入れ替わることもありますが、原則原理変わらないのは、インスタグラムは入り口で、メルマガ・LINE公式に登録していただくための集客ツールだってこと。

上手にインスタグラムを活用されていってくださいね。

最後に

インスタグラム発信で疲れてしまうのは、「使う目的」が明確になっていないから。

お客さまの行動心理は、すぐにお申し込みにはつながらないので、時間をかけてあなたのことを知っていただくことが大切ってことを意識してみてくださいね。
お教室の軸と自分の軸を整える無料メールレッスン

『Web集客の前に教室のブランディングを整えましょう』
 

登録して無料メールレッスンを受ける
ベビーマッサージ教の集客と運営のサポート

 

集客の導線を考えたり、ブログを書いたりインスタグラムを発信したり、教室・サロンのサービスを考える前に、実はもっと大切なことがあります。

ココをしっかり整えておかないと、あなたのお仕事の軸がぶれてしまって迷いが出てきてしまうんですね。

あなたの好きが詰まった理想の教室・サロン(お仕事)を作って理想とするお客さまに来ていただくためには、とても大事なプロセス。

私のメルマガでは、『お仕事と自分の軸を整えお客様に喜んでいただける7つのセルフブランディング』についてお届けしています。

error: Content is protected !!