教室の集客

教室のレッスンにお申し込みが入らない時改善したい6つのこと(パート1)

教室のレッスンにお申し込みがない  
教室のレッスンの募集をしているけれど、全くお申し込みがない・・・。
と、悩んでいませんか?

 
特に教室を開いたばかりの先生は、

『募集記事は、これでいいのかな?』
『募集するタイミングって、今であってる?』
などなど。

募集の仕方があってるかどうかも、わからないですよね。。

不安も大きいですね。

 
私自身も、ベビー系の教室の開いたばかりの頃は、な~んにもわからない状態で募集をかけていました。

 
でも!

 
あなたの『レッスン募集記事』からお申し込みに繋がるポイントが、いくつかあるんですね^^

そのポイントをお伝えしますので、ぜひ✔(チェック)してみてくださいね。

この記事を読み終わったら、すぐに取りかかってみることも大切ですよ^^

 

レッスンのお申し込みが入らない時にチェックしたい6つのポイント

 
こんにちは!

親子教室・ベビー系教室のWebマーケティングコンサルタント青山純子です。

 
教室を開いたばかりの先生が、誰でも通る道。

といえば、『募集をかけてもお申し込みがない』という道。

あなただけじゃないので安心してくださいね。

今のあなたにとって、何が足りないのか?

何を改善したらいいのか?

こちらにまとめましたので、まずはチェックしてみましょう!

 
□レッスン日から逆算して、2ヵ月前には募集をかけてますか?

□募集記事は、1回だけで終わっていませんか?

□レッスン内容の詳細ページは、ありますか?また、ちゃんとリンク飛ばしてますか?

□レッスンご案内ページのわかりやすい場所に、「お申し込みフォーム」はありますか?

□お客さまの心をつかむような内容になっていますか?

□募集記事に『レッスンを受けた後に、どんな良いことがあるのか。何が改善されてどうなるのか』が、書かれていますか?

 
どうですか?

いくつチェックがついたでしょうか?

それでは、1つずつ詳しくみていきますね^^

 

レッスン日から逆算して2ヵ月前に募集をかけてますか?

お教室を開いたばかりの時は、2月前には募集をかけ始めましょう!

1ヶ月前や2週間前に募集をかけて、すぐに『満席』になるのは、人気の教室や先生・長い間教室を開いている教室です。

 
『レッスンのお申し込みが入らない』原因の1つに、募集期間が短いことがあります。

 
「レッスンに参加してみたいな」と思っていても、2週間前の募集だと『すでに予定が入っていて、応募できなかった~』と、残念がっているお客さまもいますよ。

 
実際、私がベビー系教室を開いている時、

『その日は、予定が合わないのですが、次の日程は決まっていますか?』
とお問合せをいただくこともあったんですね。

 
特に、育児休暇中のママ達は、とっても忙しいです!

だって。お休みの間に、たくさんの事を経験したいんですもの。

ですから、ママ達のためにも『余裕をもって、3ヶ月前』は、ブログで募集をかけるようにしましょうね!

 

募集記事(告知記事)は、1回だけで終わっていませんか?

これもね。

1回しか、募集のお知らせをしていない先生って、とっても多いです^^;

1回だけ募集をかけて、『はい!おしまい』という教室。

1回だけじゃ、全然足りないですよ~(汗)

 
毎日、募集記事をあげるのはクドくなってしまうので(笑)

1週間に2回~3回は、お知らせするようにしましょう^^
 
教室を開いたばかりの先生は特に、こまめに『募集記事』をアップするようにしてみてくださいね。

 

レッスン内容の詳細記事は、ありますか?ちゃんとリンク飛ばしてますか?

まず。
『レッスンの募集記事(告知記事)』

と、
『レッスン内容の詳細記事』

は、

別々の記事のことです。

 
ここが一緒になっている先生いらっしゃいませんか?

 
 

レッスン内容詳細記事とは?

当日のレッスンの流れやどんなことをするのかを、詳しくまとめたページの事です。

 
そして。

 
 

『レッスン募集記事』とは?

いわゆる『告知記事』のことです。

 
 
例えば。

【募集開始】〇月〇日体験レッスン
とか

6月【〇〇教室】募集のご案内
とか

【残席1組さま】〇月〇日の〇〇レッスン!
 
といったタイトルを見たことないですか?

 
つまり。

『募集が始まったよ~』とお知らせするのが『レッスン募集記事』なのですね。
 
(レッスン内容の詳細記事については、メルマガが記事でお伝えしますね)

 
レッスン募集記事は、何度もアップしていきますが、『レッスン内容の詳細記事』は、基本固定で1記事だけです。

なので。

『レッスン募集記事』から『レッスン内容の詳細記事』に、リンクを飛ばすことが必要になってきます。

 
あなたの『レッスン募集記事』に『レッスン内容の詳細記事』へのリンクは、ありますか?

 
ここも、必ずチェックしておきましょう!

 
長くなってきたので、残りの3つは、次の記事でまとめます^^

 

まとめ

今回は、

 
□レッスン日から逆算して、3ヵ月前に募集をかけること

□募集記事は、1回だけで終わらせないこと

□レッスン内容の詳細ページを作って、リンク飛ばすこと

 
3つお伝えしました^^

 
残りの

 
 
□レッスンご案内ページのわかりやすい場所に、「お申し込みフォーム」はありますか?

□お客さまの心をつかむような内容になっていますか?

□募集記事に『レッスンを受けた後に、どんな良いことがあるのか。何が改善されてどうなるのか』が、書かれていますか?

 
 
 
については、次回まとめますね!

 
\パート2はこちら/

教室のレッスンにお申し込みがない
(パート2)教室のレッスンにお申し込みが入らない時改善したい6つのこと 前回の記事では、『教室のレッスンにお申し込みが入らない時改善したい6つのこと』の中から3つお伝えしました。 htt...

 
メルマガでは、教室の先生のための集客とレッスンの仕組み作りをお伝えしています。
 
▼登録は、こちら▼
11/17「先生のためのLINE公式活用セミナー」
無料メールレッスン

 

ベビーマッサージ教の集客とと運営のサポート

error: Content is protected !!